出張パーソナルトレーニング

Loog Loog

東京 表参道、青山、渋谷、自由が丘、代官山(埼玉、千葉、神奈川)をベースに
あなたに「ベスト」なトレーニングをご提供いたします。

トレーナー ブログ

  • 筋膜リリースできてますか??

    2016/2/19 更新

    logo_dlc_l

    今話題になっている筋膜リリース。聞きなれない言葉だと思いますが、そもそも筋膜とはなんなのでしょうか。

    筋膜は、筋肉や臓器、骨など身体を構成している要素を全て包んでいる膜のことを言います。

     

    本物はこんな感じです。

     

    筋肉は筋繊維が集合して構成されています。
    筋肉はミルフィーユのように層になっており、筋繊維の深層から浅層まで、それぞれ別の筋膜で覆われ、パスタの束のようになっています。つまり、筋膜と筋繊維を合わせて筋肉と言えます。

    筋膜は筋肉と違い、隣の筋肉に連続して繋がったり、近くの骨や靱帯に繋がることで、身体全体を覆っています。筋活動は筋肉自体が収縮することを指し、筋膜はそれ自体が自ら活動するということはありません。
    なので、筋膜は筋繊維の活動に対して受動的な形で活動しているということになります。

    身体の一部を動かせば違う箇所も連動する。だから身体の運動連鎖が起こる要因になります。

     

     

    しかし、筋膜の弱点は硬くなりやすいところです。

     

     

    筋膜が硬くなると肩こりや腰痛だけでなく、特定の筋肉の機能不全から別の場所に痛みが出ることを関連痛と呼びますが、その原因となる「トリガーポイント」を発生させやすくなります。

    トリガーポイントとは、「痛みの引き金点」という意味で、疲労した筋肉の奥深くに出来る、硬く凝り固まった部分のことを言います。大きさは数ミリ~数センチと様々で、進行すると、その部分そのものが痛むだけでなく、別の場所に痛みを飛ばす性質がある事が知られています。

    ずっと痛みで悩まされていた箇所が、実は離れたところにトリガーポイントがあって痛みを引き起こしているかもしれません。

     

     

    そこで、筋膜リリースをしてトリガーポイントを改善し、筋膜に柔軟性を与えることが大切になってきます。

    お馴染みのストレッチポールでも筋膜リリースはできますが、もっと効果的で話題のトレーニングギアがあります。

    グリッドフォームローラーです。

     

    数々の有名アスリートや芸能人がすでに生活の中に取り入れています。

    グリッドローラーは表面がデコボコしているので、小さな点であるトリガーポイントにもしっかり刺激を与えることができ、気軽に自分で筋膜リリースをすることができます。

    使い方は、筋膜リリースをしたい箇所にグリッドフォームローラーを押し当てて転がすだけです。

     

     

    筋膜リリースをすることで関節可動域の向上、姿勢の修正、身体動作のパフォーマンス向上、トレーニング効果の向上など日々のコンディショニングをベストに保つための効果が得られます。

     

    トレーニング前やストレッチの前に使用すると効果的だと思います。筋肉痛がある箇所にはやらないほうがいいですよ。けっこう痛いので...。

     

     

    日々忙しい毎日をベストなコンディショニングで過ごすためにも、グリッドフォームローラーを使って筋膜をリリースして、ライフスタイルを快適なものにしてみてはいかがでしょうか。