出張パーソナルトレーニング

Loog Loog

東京 表参道、青山、渋谷、自由が丘、代官山(埼玉、千葉、神奈川)をベースに
あなたに「ベスト」なトレーニングをご提供いたします。

BLOG トレーナー ブログ

  • アルコールとホルモンの関係

    2016/7/18 更新

    カテゴリー: トレーナーメッセージ

    logo_dlc_l

    以前のブログでお酒の飲み方について書きましたが、今回はお酒のアルコールとホルモンの関係について書きます。

     

     

    アルコールのカロリーは1g 7kcal(糖質,タンパク質は4kcal、脂質は9kcal)ですが、体内に吸収されるのはそのうちの7分の2kcalだけと言われています。
    生ビールは1杯約200kcalなので、体内には約57kcalが吸収されることになります。

    お酒のアルコールは一見ダイエット中に飲んでもあまり影響がないように思えますが、実はすごく関係があるのです。

     

     

    アルコールには内臓脂肪を増やす働きのあるホルモン(コルチゾール)の分泌を促す作用があります。このホルモンは人がストレスを感じるときにも脳内から放出されます。アルコールが関節的に脂肪を身体に溜め込むことに繋がるのです。

     

     

     

    今までお酒をよく飲んでいた人であれば、禁酒をしただけで体重が減ります。

    それは飲酒のために増加していた肝臓の中性脂肪の合成量が減少するためで、結果として脂肪細胞へ運ばれる中性脂肪が減り、脂肪細胞が小さくなって減少するのです。

    また、内臓脂肪が多いのは、肝臓に負担をかけている結果でもあります。

     

     

     

    アルコールだけではありません。食べ物そのもののカロリーや糖質の量ばかり気にするのではなく、身体に与える影響まで考えて食事管理をすることが大切だと思います。

    そして、ストレスホルモンであるコルチゾールを分泌させないために、常に気持ちをポジティブに保つこともダイエットには重要なことです。

     

     

     

    でも、どうしてもお酒を止められなかったり、飲まなければいけない場面のときは、以前のブログでも書いたように蒸留酒であるハイボールや焼酎を飲むことをお勧めします。

    続きを読む>
  • 知ってる人はやっているエプソムソルト入浴

    2016/3/15 更新

    カテゴリー: トレーナーメッセージ

    logo_dlc_l

    ダイエットのための入浴法などはいろいろあり、水素風呂は人気があって試している方も多いと思いますが、最新の研究によると水素水にダイエット効果は全くないそうですよ。

    でもガッカリしないでください。

    海外セレブ達が当たり前のようにやっているダイエット効果のある入浴法をご紹介致します。

     

     

     

    それは「エプソムソルト入浴」です。

     

     

     

     

    エプソムソルトとは塩のことではなく、マグネシウムと硫酸塩の結晶である「硫酸マグネシウム」のことです。

    水に溶けやすい性質を持つので、バスソルトと同様にお湯に溶かして入浴できる、「ミネラルの王様」と呼ばれるマグネシウムです。

     

    愛用者のヴィクトリア・ベッカムは「次の日になると2キロ痩せている」と語ったみたいですよ。

     

     

     

    さて、エプソムソルトの効果・効能ですが以下のものがあります。

    【美肌効果】

    エプソムソルトを入浴剤として使用すると、ミネラル成分のマグネシウムを体内に吸収できます。体が温まり、血行が良くなり、デトックス効果もあります。
    お風呂から上がると、代謝が良くなりお肌はすべすべに!!

    【ダイエット効果】

    マグネシウムは人間の体内にある酵素の活動を改善してくれたり、身体を温め基礎代謝を高める効果があることから、ダイエットに効果的だと言われています。また、硫酸塩は毒を流してくれる効果や、関節や脳組織などのタンパク質を形成する役割もあることから、筋肉や関節などの痛みを緩和するともいわれています。

    【むくみ解消】

    エプソムソルトには、筋肉の疲労を回復させてくれる効果もあり、体を芯から温め汗をかくことによりむくみまでも解消してくれます。
    毎日の入浴に取り入れて、むくみのないすっきりした美脚を保ちましょう。
    【ぐっすり安眠】
    お風呂に入れると、体の芯までぽっかぽかに。
    お風呂から上がってもしばらく体が温かいので、体も緩んでリラックス。そのまま深い睡眠へと導かれます。
  • なにを目指しているの?

    2016/2/25 更新

    カテゴリー: トレーナーメッセージ

    logo_dlc_l

    パーソナルトレーニングを受けて頂いているお客様からよく相談される事柄があります。

    それは、友達や職場の仲間から「なにを目指しているの?」と言われることです。

     

    私はその相談を受けるとき、気にしないでほしい、無視してほしいとお応えしています。

    ジムに通ったり、パーソナルトレーニングを受けていることを周りの人に伝えたら、同じような言葉を言われた方も多いのではないでしょうか。

    やはり不快な気持ちになりますよね。ダイエットをしたり、カッコイイ身体になるためにトレーニングを頑張るには周りの環境も大事だと思います。

    「なにを目指しているの?」と言ってしまう方は、頑張っている人に何かしらひがみを感じているのではないでしょうか。どんどん若々しくなっていく友達がいたら悔しいですよね。

     

    日本は経済大国でありながらフィットネスに関しては世界に遅れています。

    トレーニングがダイエットをするときだけにやるものだと思っている人がほとんどです。

    実際日本でジムに通う人口は5%にも達していません。最近はフィットネス人口も増え、パーソナルトレーニングという言葉も浸透してきました。しかし、まだまだトレーニングに対する偏見は払拭できていません。

     

    ダイエットをするためにトレーニングをすることはすごく大切です。

    でも、トレーニングの効果はそれだけではありません。たくさんありますが、いくつか以下に挙げます。

    ●筋肉がついてカッコイイ身体になり、自分に自信がつく

    ●代謝がアップして、太りにくい身体になる

    ●元気になり、アクティブな生活を送れるようになる

    ●記憶力や学習力をアップさせ、仕事の成果を向上させる

    ●肌に張りをだし、美容効果を増大してくれる

    ●腰痛、肩こり、うつ病などの様々な病気に対して治癒の効果がある

    ●美味しい料理やお酒を思いっきり楽しむことができる

     

    まだまだありますが、トレーニングをすることで人生がより楽しいものになりそうな予感がしてきませんか?

     

    私の仕事場のひとつである都心のジムでは、平日朝7時からのオープンと同時に多くの経営者やトップビジネスマンがランニングやプール、筋トレ、ヨガなどで汗を流してから仕事へ向かいます。

    トレーニングをすることが仕事に良い影響を与えることをよく理解しているんですね。本当にカッコイイです。

     

    また、神戸にいる友達と麻雀をするために東京から一人で新幹線に乗って行く90歳近いお客様や、同年代の友達4人で海外旅行を満喫してくる年配のお客様などもトレーニングをしています。

    いくつになっても人生を楽しんでいますし、それだけの体力があるということです。

    私の人生の師匠であり、目標とする姿ですね。

     

     

    トレーニングをする理由は人それぞれですが、周りの人から何を目指しているの?と聞かれたら、

    「人生を楽しむためにトレーニングをしている」

    このように答えてみてはいかがでしょうか。

     

     

     

     

    続きを読む>
  • 筋膜リリースできてますか??

    2016/2/19 更新

    カテゴリー: トレーナーメッセージ

    logo_dlc_l

    今話題になっている筋膜リリース。聞きなれない言葉だと思いますが、そもそも筋膜とはなんなのでしょうか。

    筋膜は、筋肉や臓器、骨など身体を構成している要素を全て包んでいる膜のことを言います。

     

    本物はこんな感じです。

    (さらに…)

    続きを読む>
  • 忘年会シーズンでも太らないようにする6つのポイント

    2015/11/11 更新

    カテゴリー: トレーナーメッセージ

    logo_dlc_l

    今年もあと2ヶ月もなくなり、いろいろと騒がしい季節になってきましたね。

    もう忘年会の予定が入ってきている方も多いと思いますが、そこで心配になってくるのが体重ですよね...。飲んだり食べたりと摂取するカロリーは多くなってしまいます。

    私の経験上、これからの2か月間でダイエットを成功させることは難しいです。なぜなら、ダイエットは食事の要素がすごく大きいからです。

     

     

    そこで今回は、そんな忘年会シーズンでも体型を崩さないポイントをご紹介します!!

     

    ★お酒はハイボールか焼酎を飲む

    お酒も種類によってカロリーが違います。始めの乾杯はビールでも良いですが、2杯目からはカロリーが低いハイボールや焼酎に切り替えることで、少しでもカロリーを抑えることができます。

    でも、カロリーが低いからと言ってたくさん飲んでしまったら意味がありませんよ。

     

    ★おつまみは野菜かタンパク質中心

    お酒を飲むと太ると良く言われますが、お腹の周りに脂肪をつけている原因はお酒のおつまみです。

    ビールには揚げ物が合いますよね。脂質と糖質を控えたおつまみ、例えばサラダ、漬物、魚のお刺身、脂質が少ないお肉、豆腐、枝豆などの野菜とタンパク質を中心とした食事をしていきましょう。

    野菜には脂肪の吸収を抑え、血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。またタンパク質を分解する際にも身体の代謝がアップします。

     

    ★2次会は参加しない

    忘年会は会社の同僚や友達との交流を深めたりして楽しい時間なので、積極的に参加することは大切だと思います。

    しかし、2次会まで参加していくと必然と摂取カロリーが増えてしまいますし、時間帯も遅くなるので脂肪として蓄積しやすくなってしまいます。また、そのままズルズル行って〆にラーメンなんてことに…。

    2次会を断りづらいときもあると思いますが、そんなときは「パーソナルトレーナーに注意されるので」と言って申し訳なさそうに帰りましょう!!

     

    ★食事の調整をしよう

    ついつい盛り上がりすぎてたくさん飲み食いしてしまう夜もあると思います。でもそんな日が毎晩続くわけではないですよね。

    たくさん飲み食いしてしまったからといって落ち込むのではなく、翌日の食事に気を付けてうまく調整すればいいのです。カロリーがほとんどない野菜を中心にして、糖質はほとんど摂取しない。タンパク質は豆腐や納豆などの脂質を含まないもの。また、温かいスープなどを飲んで体温を上げて代謝をアップしていきましょう。

     

    ★アクティブに身体を動かす

    体重は単純に食事の摂取カロリーと運動の消費カロリーのプラスマイナスによって変わります。忘年会で摂取したカロリーを運動によって消費することが一番体重を増やさないポイントです。

    ジムに入会している方は忘年会の翌日はジムに行ってトレーニングをする。そして最低週1回はジムに行きましょう。

    また日常生活の運動量を増やすために階段を使ったり、普段より多く歩いてみたり、忘年会のあとに1駅分歩いて帰るなどの運動をしていきましょう!!

    忘年会シーズンに限らずですが、普段から筋肉トレーニングをすることをお勧めします。筋肉があることで摂取したカロリーを代謝によって多く消費することができます。いわゆる太りづらい身体になるということです。

    男性に限らず女性の方もある程度の筋肉をつけて代謝をアップさせ、カッコイイ身体を手にいれましょう!!

     

    ★思いっきり楽しむ

    これはすごく大切なことです。

    人間はストレスを感じるとコルチゾールというホルモンを出します。このホルモンが身体に悪影響を及ぼすのですが、そのひとつに脂肪を蓄えるという作用があります。

    つまり、いやいや忘年会に参加すると飲んだり食べたりしたものが脂肪として蓄積しやすくなるということです。逆にポジティブな気持ちで食事をすると脂肪を溜め込みづらいというデータがあります。

    1年の締めくくりとして忘年会を思いっきり楽しんでみてはいかがでしょうか?

     

     

     

     

    続きを読む>
  • アンチエイジングホルモン ~DHEA~

    2015/10/13 更新

    カテゴリー: トレーナーメッセージ

    logo_dlc_l

    秋の旬の魚でもある秋刀魚、イワシ、さばなどの青魚に含まれる脳に良い影響を与えると言われるDHA。脂肪燃焼効果があると言われるEPAなどのホルモンはご存知の方も多いと思います。

     

    今回は上記の2つのホルモンと名前は似ているけど効果が全く違うホルモンをご紹介致します。

    それは「アンチエイジングホルモン」、または「若返りホルモン」と言われ、今注目を集めているDHEAと言われるホルモンです。

     

    DHEAは、デヒドロエピアンドロステロンというヒトの体内に存在するホルモンの略称で、主に体内の副腎皮質で分泌されています。分泌量は思春期に急激に高まり20代でピークを迎えますが、その後急激に分泌量が減少し、40代では約半分、80代ではほとんど分泌されなくなってしまいます。

    サプリメントも販売されているのですが、食べ物からも摂取できます。

    納豆、山芋、青魚に多く含まれます(以前のブログで書いた、身体を元気にするナチュラルキラー細胞も納豆に含まれるので、納豆はすごい食べ物なのかもしれませんね)。

     

    さて、このDHEAの注目される効果ですが、身体の細胞を活性化させることによる見た目年齢マイナス5歳を実現できると言われている点です。

    DHEAは、抗酸化ホルモンとしての役割があります。人間の体はストレスを受けた時、対抗するために「コルチゾール」が分泌されます。適度な量のコルチゾールは体にとって必要ですが、過度なストレスによって増えすぎると体の酸化、老化やがんにつながる厄介な物質。

    DHEAは増えすぎたコルチゾールによる酸化から体を守り、肌の美容効果などをもたらしてくれます。

     

    次にDHEAの注目する点は、不妊治療にも効果的であることです。

    年齢を重ねると卵巣の機能は低下していきます。そうすると妊娠の可能性も低くなってくるのですが、DHEAを摂取することによりDHEAがテストステロン(男性ホルモン)とエストロゲン(女性ホルモン)に変化して妊娠の可能性を高めてくれると言われています。

    また、卵巣機能の若返りや性欲の増進といった効果もあります。アメリカでは女性だけでなく、男性も服用している方が多いです。

     

     

    DHEAのその他の効果としては、ダイエット効果や筋力アップ、認知症の治療としても利用されています。

    オリンピックではドーピング検査に引っかかると言われているほど、効果は期待できるのではないでしょうか。

     

     

    近年は年齢相応に見えない美魔女など、年齢にとらわれずに人生を楽しんでいる方が増えています。男女ともにいつまでも輝いた生活を送ることができると思います。

    アクティブに身体を動かしたり、効果的なサプリメントを摂取して、いつまでも若々しい自分を保っていきましょう!!

     

     

    私から一言

    「年齢は単なる数字に過ぎない」

     

     

    続きを読む>
  • トレーニングのやる気を確実にUPさせる名言集

    2015/7/14 更新

    カテゴリー: トレーナーメッセージ

    logo_dlc_l

    理想の身体を手に入れるために日々トレーニングをがんばっている方も多いと思いますが、トレーニングはやはりキツイもの。

    パーソナルトレーナーが入ればやる気を出してくれるが、ひとりではやっぱり妥協してしまいますよね。

     

    今回はそんな方々にあの有名な俳優アーノルド・シュワルツェネッガーの名言をお届け致します。

     

     

    アーノルドは現在67歳にしてターミネーターの最新作を発表しました。その身体は67歳とは思えない肉体を披露しています。

    それもそのはず、俳優になる前はボディビルダーとして活躍していて、ボディビルダーの最高峰であるミスター・オリンピアに7回も輝いているレジェンドなのです。

    前カリフォルニア州知事としても活躍したアーノルドですが、残している名言も有名なのです。この名言集を見たらトレーニングのやる気を必ず起こさせてくれると思います。

     

    ★「トレーニングに対するその人の「姿勢」によって、成功するか失敗するかが決まる」

     

    トレーニングの本質をついた言葉ですね。トレーニングに対する捉え方を見直してくれます。

     

     

    ★「筋肉がNOと叫んだら、私はYESと答える」

     

    アーノルドの精神的な強さを感じますね。トレーニングは筋肉だけでなく心もトレーニングしてくれます。

     

     

    ★「恋愛は精神とやる気を削ぐんだ。人生で大事なことは?筋トレだ!!」

     

    さすがアーノルド。言葉の重みが違う!!

     

     

    ★「おしゃべりなら後にしてくれ。パンプが冷めちまう」

     

    トレーニング中に話しながらインターバルをとっているとアーノルドに怒られちゃうかも。

     

     

    ★「一生懸命トレーニングするだけではダメだ。必要なのは賢くトレーニングすることである」

     

    自己満足でトレーニングを終えていないだろうか?自分の目標に必要なトレーニングメニューを組み、わからないことがあればパーソナルトレーナーに聞いてみよう。

     

     

    ★「限界を決めるのは心だ。心が何かをやれると思い描き、自分がそれを100%信じることができれば、それは必ず実現する」

     

    なりたい自分の身体を思い描こう。信じれば必ず実現できる。

     

     

     

    ★「12回目だ」

     

    ある記者がアーノルドに対して「10回重たいウエイトを上げる中で何回目が一番最大のパワーがでるのか?」という質問に対して答えた名言である。

    アーノルドの偉大さを感じる言葉。

    本当の力は限界を超えたときに発揮される。

     

     

     

     

     

    いかがだっただろうか?アーノルドの言葉はトレーニングだけでなく人生を成功させるための道しるべになってくれると思う。

    さぁ、トレーニングをしよう!!

    続きを読む>
  • 炭水化物と糖質の違いを知っていますか??

    2015/7/2 更新

    カテゴリー: トレーナーメッセージ

    logo_dlc_l

    今ではダイエットのために米やパン、麺などの炭水化物の摂取を抑える「炭水化物抜きダイエット」は定着しましたよね。

    最新の研究で炭水化物を食べるのを控えることで血糖値の上昇を抑え、身体にある脂肪をエネルギーにしやすくすることで体脂肪率を下げ、ダイエットにつなげることは実証されています。

     

     

     

    しかし、実際に食事管理をするときに炭水化物=糖質だと思っていませんか?

     

     

     

    炭水化物とは脂質、タンパク質と共に三大栄養素のひとつです。

    その炭水化物ですが、実は糖質と食物繊維を合わせた栄養素のことなのです!

     

    食物繊維は野菜、果物、穀類、昆布、わかめなどに多く含まれ、水に溶けにくい不溶性食物繊維と水に溶けやすい水溶性食物繊維の2種類があります。

    食物繊維がお腹に良いというのはなんとなく理解していると思います。

     

    まず、代表的な腸内細菌は3つあります。

    ●善玉菌➡ビフィズス菌、乳酸菌

    ●悪玉菌➡大腸菌、ブドウ球菌

    ●日和見菌➡連鎖球菌

     

    年齢でも腸内細菌のバランスに変動を与えますが、それ以外の要因でも腸内細菌のバランスが変わってきます。飲酒、ストレス、偏った食生活により、善玉菌が減り、悪玉菌が増えます。
    また、抗生物質の投与などがあると、腸内細菌が減り、そのときにバランスの取れた食生活をしていなければ、善玉菌よりも悪玉菌が多い状態に変わってしまうのです。

     

    ストレス社会の世の中、悪玉菌が増えやすくなりますが、食物繊維はその悪玉菌を撃退してくれるのです。

    だから食物繊維はお腹に良いと言われています。

     

     

     

     

     

    食品の裏の表示を見て炭水化物が多いからといって食べないのではなく、炭水化物は糖質と食物繊維を合わせた栄養素であることを考えて購入してみてください。

     

    食物繊維は1日に男性では20g以上、女性では18g以上必要と言われています。

     

    食物繊維をしっかり摂取して腸内環境を良くし、健康的な毎日を送りましょう!!

     

     

     

     

    続きを読む>
  • ナチュラルキラー細胞が身体を元気にする

    2015/5/27 更新

    カテゴリー: トレーナーメッセージ

    logo_dlc_l

    「ナチュラルキラー細胞」という言葉を知っていますか??

     

    ナチュラルキラー細胞はNK細胞とも言い、自然免疫の主要因子として働く細胞傷害性リンパ球の1種です。この細胞が身体に少なくなると、風邪を引きやすくなったり、癌になりやすいと言われています。

    それだけ人間がコンディションをベストな状態に保つには大切な細胞なのです。

     

     

     

     

    ナチュラルキラー細胞はストレスを感じたり、睡眠不足や仕事の疲れ、ネガティブな感情になると数が少なくなると言われています。

     

     

    では、ナチュラルキラー細胞を増やすにはどうしたらいいのか。

    それは笑うことです。

     

     

     

    最近の研究で実証済みで笑うことが多い人は癌になりにくいというデータがでています。

     

    「病は気から」とも言いますが、あなたの周りにいる良く笑っていて、明るい人はいつも元気なのではないでしょうか。

     

     

     

     

     

    そして興味深いデータがあります。このナチュラルキラー細胞は運動をすることでも増加させることができるのですが、ジムのランニングマシンで走るよりも外で走ったほうが40%も増加するのです。

     

    天気が良い日にランニングすると気分がいいですよね。このデータはなんとなく理解できます。

    http://lrandcom.com/move

     

     

     

     

     

     

    ナチュラルキラー細胞は食べ物でも増やすことができます。

     

    発酵食品がいいと言われているのですが、なかでもR-1乳酸菌を含むヨーグルトが一番お勧めです。納豆やキノコも効果的ですよ。

     

     

    ナチュラルキラー細胞を増やして元気に夏を迎えましょう!!!

     

     

     

     

     

     

     

    続きを読む>
  • ダイエットして消えた脂肪がどこにいったか知っていますか?

    2015/5/12 更新

    カテゴリー: トレーナーメッセージ

    logo_dlc_login

    最近は半袖でも歩けるような過ごしやすい季節になってきましたね。薄着になれば身体のラインがわかりやすくなってくるので、そろそろトレーニングしようかなと思っているのではないでしょうか?

     

    お腹まわりの脂肪を落とすには食事管理も大切なのですが、体重が落ちてウエストが引き締まりダイエットが成功したときに、お腹にあった脂肪がどこに行ったか疑問に思ったことはありませんか?

     

     

     

     

     

    よくフィットネス関係者の方から「脂肪が燃える」と聞いたことがあると思います。

     

    でも実際は、脂肪はまずグリセリンと脂肪酸という物質に分解されます。グリセリンは十二指腸から腸管に廃棄され、脂肪酸はエネルギー産生のため酸化されます。

     

     

    燃焼というのは酸化と同じ意味です。脂肪酸からエネルギーを取り出す際酸化されるので燃焼と言います。脂肪が熱くなって体の中で燃えているわけではありません!!

     

     

    【脂肪燃焼の仕組み】

    有酸素運動などでエネルギーが必要になる

    脳からエネルギー生成の指令が出る

    脂肪動員ホルモン(アデポキネチックホルモン)の分泌

    脂肪分解酵素「リパーゼ」の活性化

    脂肪が分解され、グリセリンと遊離脂肪酸となり血液中に放出される

    全身の筋肉や肝臓で脂肪酸がエネルギーとして燃焼される

     

     

     

     

    そして燃焼された脂肪酸の残りは二酸化炭素と水に分解されます。

     

     

     

    最終的に二酸化炭素は呼吸によって、水は汗や尿によって排出されます。

     

     

     

    これがダイエットで無くなった脂肪の行き先なのです。

     

    今あなたがかいている汗、もしかしたらお腹についていた脂肪かもしれませんよ。

     

    続きを読む>