出張パーソナルトレーニング

Loog Loog

東京 表参道、青山、渋谷、自由が丘、代官山(埼玉、千葉、神奈川)をベースに
あなたに「ベスト」なトレーニングをご提供いたします。

BLOG トレーナー ブログ

  • バストアップできるトレーニング!!  ~意外と知らない小胸筋の役割~

    2015/11/23 更新

    カテゴリー: トレーニングと食事

    logo_dlc_l

    あと1ヶ月後には夏本番を迎えますね。夏休みに海外旅行を計画している方も多いのではないでしょうか。

    常夏のビーチで女性はビキニを、男性は厚い胸板でカッコよくバカンスを楽しみたくはありませんか?

     

    今回はバストアップができるトレーニングをご紹介致します。

     

     

     

    まず、胸の筋肉はこのようになっています。

     

    基本的には大きな筋肉である大胸筋をトレーニングするのですが、女性の場合はこの上に脂肪がのっているので大胸筋を鍛えることでバストアップが望めます(体脂肪を落とし過ぎるとマラソン選手のように胸の膨らみがなくなってしまうので、女性の方はどれだけ絞っても体脂肪率15%くらいまでにしたほうが良いと思います)。

     

    ★ベンチプレス(チェストプレス)

    なんと言ってもまずはこれ!!胸のトレーニングの王様。

    ベンチプレスは基本胸のトレーニングだが肩や二の腕も鍛えることができる。しかし、もっと正確に言えば全身のトレーニング。

    バランスを保つために細かい筋肉などたくさんの筋肉も使うので、ダイエットにも効果的。腰が痛い方は脚をベンチの上に乗せるといいですよ。

     

    ただ、ベンチプレスは難しいところがあるので、初めての方はチェストプレスからやってみましょう。

     

    ★インクラインベンチプレス

    これは背もたれの台の角度をつけたベンチプレス。角度の目安は45°が基本だが、いろんな角度でトレーニングしてみるのも効果的。

    胸の上部が鍛られるので、バストが上に引き上げられ、カッコイイ胸を手に入れることができる。

     

    続きを読む>

  • 飲み過ぎ注意!!スタバのカロリー

    2015/6/9 更新

    カテゴリー: トレーニングと食事

    logo_dlc_l

    最近スターバックスから新作で出た「チョコレートクランチフラペチーノ」のカロリーが話題になっていますね。

    期間限定で、6月3日~7月14日だそうです。

     

     

    そこで、この話題の商品のカロリーをまとめてみました。

    ショート    513kcal

    トール     581kcal

    グランデ     831kcal

    そして驚きなのが一番大きいサイズのベンティ。

    なんと、1044kcal。   

     

    このカロリーだとさすがに話題になりますね。1日の摂取カロリーの半分です......。

    また、内容も糖質と脂質がほとんどなのでダイエット中の方には不向きですね。

     

     

     

    他のスタバの商品のカロリーもご紹介致します。

    ・コーヒー(ホット)S 14kcal

    ・エスプレッソS    5kcal

    ・カプチーノ(ホット) S    70kcal

    ・キャラメルマキアート(ホット) S 130kcal

    ・ソイラテ(ホット) S       133kcal

    ・スターバックスラテ(ホット) S  135kcal

    ・カフェモカ(ホット) S     221kcal

    ・ コーヒーフラペチーノ(アイス)T   186kcal

    ・モカフラペチーノ(アイス)T  214kcal

    ・キャラメルフラペチーノ(アイス)T   307kcal

    ・ホワイトチョコレートモカフラペチーノ(アイス)T  309kcal

    ・抹茶クリームフラペチーノ(アイス)T   430kcal

     

     

     

    コーヒーに含まれるカフェインには脂肪燃焼効果があります。スターバックスとはうまく付き合っていきたいですよね。

     

    そこで、ダイエット中の方にお勧めスタバ商品をご紹介!!

     

    ★ソイラテ

    ソイラテは、牛乳の代わりに豆乳が使われています。豆乳の原材料は大豆です。そのため豆乳は栄養豊富な大豆と同じ栄養成分が含まれます。

    良い点としては、エネルギーを燃やす時に必要な栄養素「ビタミンB1」が含まれているところです。そのほか、牛乳には含まれていない成分として、活性酸素を除去して老化を防止する「ビタミンE」や女性ホルモンと同じ働きをしてくれる「大豆イソフラボン」を摂ることができます。

    ソイラテには女性に嬉しい効果がたくさんありますよ。

    ・ホット (T)  218kcal

    ・アイス (T)  122kcal

     

    ★スターバックスラテ

    続きを読む>
  • 今流行りのココナッツ油を理解していますか?

    2015/11/19 更新

    カテゴリー: トレーニングと食事

    logo_dlc_login

    モデルのミランダ・カーや道端アンジェリカ、ローラなどが使用していることで話題となった「ココナッツ油」。

    身体に良いと言われていますが正しく理解しているでしょうか?

     

     

    まず、ココナッツ油には2種類あります。

    「ココナッツオイル」と「ヴァージンココナッツオイル」です。

     

    ●ココナッツオイルは高温精製、漂白工程、脱臭工程を加えています。熱を加えたり水素添加されてしまうため、精製過程でせっかくの良い成分が破壊されてしまいます。

     

    ●ヴァージンココナッツオイルは無精製、無添加、非加熱抽出をしています。いわゆる生しぼりです。添加物や化学物質を一切含みません。ヴァージンココナッツオイルは、アンチエイジングに良いとされるビタミンEが豊富で、約70%が中鎖脂肪酸と呼ばれる体内に蓄積された脂肪まで一緒に分解してくれる脂肪酸でできており、かつ約90%が飽和脂肪酸で腐りにくいため、防腐剤不要。
    つまり簡単に言うと、添加物がなくダイエットができて、お肌に良くて、老化防止にもなる優れものなのです。

     

     

    ココナッツオイルよりもヴァージンココナッツオイルを選んだほうが身体に良いということですね。

     

    そして、なんといっても魅力的な特徴は食べても太りにくい油であるということです。そのキーワードが中鎖脂肪酸です。

     

     

     

    中鎖脂肪酸は飽和脂肪酸の一種なので太りやすいと思いがちですが、他に長鎖脂肪酸というものがあります。長鎖脂肪酸は体内に取り込まれるとリンパ管から肝臓までゆっくり運ばれ、必要に応じて脂肪は分解されてエネルギーとなり、余ったものは体内に蓄積されます。

     

    それに比べ、中鎖脂肪酸は体内に取り込むと直接肝臓へ運ばれるため吸収が早いのです。つまり、即座に脂肪はエネルギーへと効率よく分解され、体内に蓄積されないのです。

    また、もともと体内にある脂肪まで一緒に引き連れて分解されるという効果まであるので驚きです。

     

     

    この中鎖脂肪酸の働きがモデルやダイエットをされる方に愛される理由なのですね。

     

     

     

     

    そして、ココナッツオイルにはアルツハイマー病にも良い影響を与えると言われています。

     

    アルツハイマー病の根本的な原因は、脳がブドウ糖をうまく利用できず、エネルギーに変換できないため、脳細胞が飢餓状態になり、急激に老化をしてしまうことです。そこで、ケトン食療法が効果をあげるのですが、ケトンとは脳に栄養を与えるために肝臓でつくられる、特別な種類の高エネルギー燃料のことです。

    脳には常に、ブドウ糖かケトンのどちらかが供給されていますが、アルツハイマー病になるとブドウ糖をエネルギーに変換できませんのでケトンのエネルギーを継続的に供給することが必要です。
    しかし、ケトンはブドウ糖濃度(血糖値)が低いときだけしか、つくりだされませんので、炭水化物の摂取を非常に少なくして、必要なカロリーとタンパク質を脂肪から得る食事療法です。

     

    ココナッツオイルに含まれる、中鎖脂肪酸トリグリセリドは、血糖値や食事中の炭水化物の量に関係なく、体内でケトンに変換されます。
    つまり、どんな食事でも、適切な量の中鎖脂肪酸トリグリセリドを加えることで、ケトン食療法をすることができます。

    ココナッツオイツをほんの大さじ1杯か2杯(15~30ミリリットル)とるだけで、血液中のケトン濃度は治療レベルに達します。
    ケトンはエネルギーをつくるのに使われてしまうので、血液中のケトン濃度を維持するためには、これを1日に3回繰り返す必要があると言われています。

     

     

     

    素晴らしい効果ですね。

    しかし、どんなに良い油であれ摂りすぎは禁物です。

     

    目安は1日100ccが適量です。

     

     

    ココナッツオイルは素晴らしい効果がありますが、それだけでなく以前のブログでも書きましたが、モデルのようにカッコよく痩せるのであればトレーニングもしっかりおこなう必要がありますよ!!

     

     

     

    続きを読む>
  • アルコールはダイエットの敵ではない!?

    2015/3/27 更新

    カテゴリー: トレーニングと食事

    logo_dlc_login

    もうすぐ4月になり、歓迎会や花見に出席する機会も多いですよね。

    みんなで楽しくお酒を飲むことと思います。ここでお酒のカロリーをまとめたので見ていきましょう。

     

    • ビール 中ジョッキ    202kcal
    • 日本酒 1合        185kcal
    • カシスオレンジ      182kcal
    • ジントニック        178kcal
    • カルーアミルク      178kcal
    • 生レモンサワー      170kcal
    • 生グレープフルーツサワー  166kcal
    • スクリュードライバー   163kcal
    • 焼酎水割り        126kcal
    • モヒート           120kcal
    • 烏龍ハイ           117kcal
    • ハイボール         102kcal
    • 梅酒ロック             97kcal
    • マッコリ            84kcal
    • グラスワイン         84kcal
    • シャンパン         80kcal
    • ウイスキー(シングル)   75kcal
    • ブランデー(シングル)  69kcal

     

     

    表示は各お酒に合うグラス1杯のカロリーです。カロリーが高い順に並べてみました。

     

     

    生レモンサワーが以外と高いことに驚きますね。EXILEもよく飲んでいるのでカロリーが低いと思っている方も多いと思います。

    しかし、生レモンは身体の代謝を上げ、脂肪の吸収を抑える効果があります。値段も安いのでたくさん飲んでも良いお酒に入るのではないでしょうか。

     

     

     

    なので、カロリーの高い低いだけで判断してはいけないのです。

     

     

    他のお酒を見てみましょう。

    蒸留酒は、純粋なアルコール、もしくは純粋なアルコールを水などで薄めているお酒です。焼酎・ウイスキー・ブランデー・ウォッカなどが当てはまります。
    醸造酒は純粋なアルコールと糖質などが含まれたお酒です。その分カロリーを摂取してしまうということです。ビール・日本酒・ワインなどが当てはまります。

     

    糖質を制限するためには醸造酒(ビール、日本酒、ワインなど)のお酒を気を付ける必要があります。

    もちろんカクテルは糖質が多く含まれるものがあるので注意をしましょう。

     

     

     

     

     

    しかし!!私はお客様にある程度のお酒はオッケーと伝えています。

     

    なぜでしょうか?それは、アルコールは「エンプティカロリー」だからです。

     

    つまり、身体に吸収されにくいカロリーなのです。

     

    アルコールは1gで7kcalですが、身体に吸収されるのは7分の2kcalと言われています。

    例えばビール中ジョッキだと1杯200kcalだとして、身体に吸収されるのは約57kcalということになります。

     

    そう考えるとアルコールのカロリーはすごく少ないですよね。ではなぜお酒を飲むと太ると言われるのか?それはお酒のおつまみが原因と考えます。

    ビールに合うのは唐揚げや天ぷらなどの揚げ物ですよね。CMでもビールと一緒に必ず揚げ物が出てきます。おつまみさえ気を付ければカロリーを摂取し過ぎることはないのではないでしょうか。

     

     

    でも、アルコールのカロリーは少なからず身体に溜まるので、遅い時間にたくさん飲めば太る原因になります。

    ダイエット中であれば、上記のカロリーが低いお酒を選び、適量で済ませる。そしておつまみをよく考えて選ぶようにして、うまくお酒と付き合っていきましょう!!

     

     

     

    続きを読む>
  • やせるのか、カッコよく痩せるのか

    2015/3/6 更新

    カテゴリー: トレーニングと食事

    logo_dlc_login

    3月になり少しずつ気温も上がってきましたね。服装も薄着になっていき、身体のラインがわかりやすくなってくると思います。

    春から夏にかけてはすぐやってきます。これからダイエットをしようかなと思っている方も多いのではないでしょうか。

     

    そこでどうやってダイエットを成功させるかですが、簡単な話で食事制限だけで体重は落とせます。ダイエットを成功させるためには食事制限は大切な要素です。ここをクリアできないと体重は落ちません。

    しかし、食事制限だけで体重を落とした身体は正直カッコ悪いです。身体にメリハリがなく、ただ細いだけです。

    また、筋肉も落ちて代謝が下がりリバウンドにつながります。

    そのような身体でいいのでしょうか?

     

    違いますよね。カッコよく痩せるために大事なことは、ウエイトトレーニングをすることです。

    いわゆる筋肉トレーニングですね。

    筋肉トレーニングと食事制限を組み合わせることにより、カッコよさとセクシーさを兼ね備えた身体を手に入れることができます。

    女性の方は筋肉をつけることに抵抗があるかもしれませんが、マッチョになるわけではないので心配はいりません。女性アスリートの身体をみてもカッコいいですよね。歌手の安室奈美恵さんなんかはお手本だと思います。

     

    ひとりで筋肉トレーニングをしてもやり方がわからないし、恥ずかしいという方は是非パーソナルトレーナーをつけることをお勧めします。

     

     

     

    続きを読む>
  • 朝は必ず温かいコーヒーから

    2014/11/22 更新

    カテゴリー: トレーニングと食事

    profile_s

    11月になって寒いと感じるようになりましたね。

     

    私は必ず朝は温かいコーヒーを飲みます(そんな方はたくさんいますが…)。

    温かい飲み物は代謝を上げるし、朝に飲むとよりベスト!!

     

    そして、コーヒーに含まれるカフェインには脂肪を燃焼する効果があるので、トレーニング30分前くらいに飲むと効果的ですよ。

     

    ちなみに私はブレンディが好きです。

    続きを読む>